敏感肌にもやさしいオーガニックコットン

40代になってから、急にお肌が敏感になってしまいました。特に乾燥が気になり始める秋から冬にかけては、ちょっとした刺激でも肌トラブルを起こしてしまい、時には肌トラブルが悪化して、皮膚科を受診することもありました。その際に皮膚科のお医者様にオーガニックコットンを取り入れてみてはどうかとアドバイスしてもらったことがあります。オーガニックコットンはお肌に刺激を感じることなく使えますし、赤ちゃんのお肌にも安心なんだそうです。インターネットで調べてみると、タオルやインナー、パジャマなど、お肌に直接触れるものが色々販売されていたので、少しずつ買い揃えて、毎日の生活に取り入れるようになりました。そのおかげで、お肌が乾燥して敏感に傾いているときでも刺激を感じることがなくなりました。もちろん、お肌のトラブルで悩むこともなくなって助かっています。

人の肌に優しいオーガニックコットン

普通の綿は、綿花の栽培に大量の農薬や化学肥料、除草剤等の化学薬品が使用されています。商品加工でも漂白剤や化学染料、防腐加工剤等化学薬品が使用されていますから、環境や人の肌には決して良くありません。それに比べ、オーガニックコットンの場合は有機栽培綿と言われていて、化学薬剤を3年以上使用しない畑で、農薬や化学肥料を一切使用せず綿花を栽培していますので、肌への刺激が少なく、オーガニックコットンで作られた衣料品は、アトピー性皮膚炎や敏感肌の人にも安心、安全です。また、肌触りがとても心地良く、特にタオルや下着、寝具等の商品は人気があり、多くの人が愛用しています。一般的なコットンと全く違う感触ですから、一度使用すると、その違いがよく分かります。地球に優しく、人の肌にも安全ですから、オーガニックコットンで作られた衣料品はぜひおススメします。

オーガニックコットンの商品を買い揃えたい

ここ最近、敏感肌で悩む人は増えているそうです。お肌が敏感の時は、ちょっとしたことで肌荒れに繋がってしまうので、衣服などの素材にも気をつける必要があります。そこで、注目したい素材がオーガニックコットンです。このオーガニックコットンは、主に赤ちゃんや敏感肌の人など、肌が弱い人にお勧めの素材なんだそうです。この素材を使っている商品にはどのような物があるのか調べてみると、様々な商品があることが分かりました。フェイスタオルやバスタオルなどのタオル類をはじめ、インナーやパジャマなど、直接肌に触れても安心して使える物が多かったです。実は、最近敏感肌で悩んでいたので、タオルやパジャマを購入して使うようになったのですが、肌の刺激が抑えられて、肌荒れの悩みがなくなりました。皮膚科に通うこともなくなり、選ぶ素材によってこんなに違うものなのかと実感しています。これからも色々買い揃えていきたいと考えています。

Blog Home