羽毛布団の基礎知識と付き合い方

羽毛布団とはその名の通り、羽毛で出来た布団のことです。一般的には、グース(ガチョウ)やダック(あひる)といった水鳥が使われます。水鳥の羽毛はその形からダウンとフェザーに分けられます。ダウンの部位としては、胸から腹部の綿毛です。一方、フェザーのほうは、いわゆる鳥の少羽根ですが鳥の上着の部分であるといえます。ダウンは放射線状のダウンボールを形成しているため、羽毛同士が重なり合うことがありません。布団では主に掛け布団につかわれるものです。スモールフェザーは弾力性のある中央が羽軸が特徴で、長さが6.5cm以下のものを言います。主に枕、クッションなどに使われます。羽毛布団はダウンが50%以上含まれたものをいい、フェザーが50%以上の羽根布団とは区別されています。一般的には、ダウンの混合率の高いものほど高級とされています。

羽毛の素材はふんわりとして軽く、暖かい上に、汗をよく吸収し、外に発散します。その上、ドレープ性が良いため、素材が身体に沿ってフィットし、寒気が入り込まないようになっています。したがってからだに優しく快適な眠りの時間を過ごすことができるというわけです。この素材が暖かいのはダウンが呼吸をしているからです。寒いときにはダウンは膨らんで開きます。ひとつひとつは重なり合わず、沢山の空気を抱え込んで暖かさを保ってくれます。ふっくらとしたボリュームがあっても中身は空気ですから軽くてからだを圧迫しません。逆に暑いときにはダウンが閉じますので空気は抱え込まず通気性をよくしてくれるのです。人は寝ている間にほぼコップ1杯分の汗をかくといわれますが、暑いときにはダウンが水分を発散してくれるわけです。これは度運の透湿性などと呼ばれます。ドレープ製もダウンの特性であると言われます。ドレープ製とは素材が身体に沿ってフィットしてくれ、ダウンはそれぞれが層になったり重なり合ったりしないで空気を沢山含み、からだにぴったり沿って沈みます。肩口などから寒い空気が入り込みににくく中の暖かい空気も逃がさないという優れものなのです。

羽毛布団の安らぎ感は中身のダウンもさることながら、外側をくるんでいる布地の素材感も大切です。この肌触りがいいことが気持ちよさを感じさせてくれる大きな要素でもあります。側生地は中のダウンが飛び出さないようしながらさわやかな素材が使われます。生地はコットンが主流で気持ちよい肌触りのものが多いのです。あなたもぜひ一度このダウンたっぷりの素材を試してみませんか。

Blog Home